【新型コロナウイルスについて】

 2月24日、厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、これから1~2週間が急激な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となり、感染拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことを目標にすると見解が発表されました。

 それを受け、2月25日(火)政府は「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を決定しました。それによりますと、

・ 閉鎖空間において近距離で多くの人と会話するなど、一定の環境下であれば、せきやくしゃみがなくても感染を拡大させるリスクがある。
・ イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討してほしい。(イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではない)

との方針が発表されました。イベントの開催について、一律の自粛要請を行うものではないとされておりますが、国内、また網走市内においては、スポーツや各種イベントが中止や延期となっています。

 冒頭、2月25日で政府の方針を受けて会員には周知をしたところですが、2月26日(水)北海道教育委員会が道内の小中学校を臨時休校にするよう市町村の教育委員会に要請し、網走市においてもすべての小中学校で、2月27日~3月4日まで休校することが決定されたことを受けて、コロナウイルスの収束に向けて瀬戸際とされる重要な時期であることから上記を鑑み、また市民の皆様、会員の所属企業、ご家族の不安を考慮し、網走青年会議所として一段階対策を強化しました。

 一般社団法人網走青年会議所は、以下の対策を講じます。

・ 3月2日(月) 拡大委員会による3月第1例会 → 延期 
・ 3月12日(木) ひとづくり委員会によるスピーチ力向上セミナー → 延期
・ 網走青年会議所として、2月25日から1~2週間のイベント、委員会、三役会などの諸会議は禁止し、web会議等で対応する。
・ 上記の延期となった例会や事業については、再度理事会で日程を再審議したうえ、改めて決定します。また、3月中旬以降の例会、事業、諸会議については、コロナウイルスの状況に合わせて判断します。

 今後とも、我々が「まちのど真ん中」で運動を行うために、ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 網走青年会議所 2020年度理事長 新谷 正樹

2月第1例会【スマートシティ網走へ〜シェア生活で新たなコミュニティーを〜】

 2月18日FMあばしりさんにて「スマートシティ網走へ〜シェア生活で新たなコミュニティーを〜」が開催されました!
会員以外の皆さまにもご参加頂きました。
 AsMama代表甲田恵子さんから色々お話を伺いまして、大変有意義な時間を皆さんとおしゃれ空間で共有することができました!
 本当にありがとうございました!

 感覚を言葉にするのは難しいですが、非常にアットホーム感があって、オレンジ色に包まれた空間って感じでしたね!
 遠方から講演会に参加していただいた方、お子様もいらっしゃったり、感謝です!
 今回の講演を踏まえて、これからまちづくりの為に行う事業をより良いものに創り上げていきたいと思います!

 網走のまち全体が濃いオレンジ色になったらいいなぁ〜〜〜〜
 なんか四角より丸みたいな、長さより幅みたいなそんな感じになったらいいなぁ〜〜〜〜
 なんか深い事言ってる雰囲気出てくれてればいいなぁ〜〜〜〜
 多分出てないよなぁ〜〜〜〜。なんだかなぁ〜〜〜〜
 どのような形になるか、見守っていただければ嬉しいです。
 乞うご期待!!!

【道東エリアウィンターコンファレンス】

 2020年2月15日(土曜日)、ANAクラウンプラザホテル釧路にて「道東エリアウィンターコンファレンス並びにアカデミー研修塾開校式in釧路」が開催されました。
  年度初めに各LOMが一堂に集まり、各LOMや北海道地区協議会の方向性や情報を共有し、友情を深めることで、今後のJC運動への参加意欲を高め、また、アカデミー塾生に対しJAYCEEとしての価値を早期に高めることを目的として開催され、今年は1日で第1部13:00から、第2部18:30からと2部編成で行われました。

 網走青年会議所からは、道東エリア運営会議に出向している伊藤事務局長、江田委員長も設えに参加し、なんと、伊藤事務局長は司会役に抜擢されておりましたね~!

 第1部では理事長による年間事業説明、岩浅圭一先輩による特別講演に始まり、アカデミー研修塾が開校されました!

 網走青年会議所からは6名のアカデミーが当日参加し、たくさんの刺激と出会いを得たようですね~!
 アカデミー研修塾が開催されている中、拡大トークセッションが開かれ、網走青年会議所からは柏崎尚史副理事長が熱い想いをトークされました。

 そして第2部は懇親会と出向者紹介、アカデミー塾生決意表明、総代表発表がございました。決意表明は、みんな色々な思いがある中でしっかり決意を示してかっこよかったですよ~!晝間くんは塾代表になりました!これからいろいろ期待です!

 同期の出会いがあり、これから地域を盛り上げていく同志となったアカデミーのみんな、エリア会議にもアテンドとして参加して、刺激をたくさん得たようです。

 2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【北方領土返還要求署名運動】

 2月7日は北方領土の日。
 網走青年会議所は2月7日道の駅流氷街道網走にて、北方領土返還要求署名運動に参加させていただきました。

 そして、さっぽろ雪まつり会場では、網走青年会議所から出向している長井寿公君が委員長として活躍する日本青年会議所北海道地区協議会 日ロ国交正常化委員会の皆様をはじめとする日本青年会議所北海道地区協議会役員・出向の皆様、各地会員会議所会員の皆様を中心として、2月4日(火)~2月11日(火)の計8日間署名運動を実施されております。

 そして、網走青年会議所は網走の地でオホーツク流氷まつり会場にて署名運動を実施させていただきました。

 皆さまの関心と理解を深まることを願い、そして皆さまの声を届けられるように、我々網走青年会議所は北方領土返還要求署名運動を推進して参ります。

 2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【流氷まつり、ありがとう!】

 2月8日(土)~9日(日)に第55回あばしりオホーツク流氷まつりが網走商港埠頭特設会場にて開催されました!

 いや~、寒かったですね!!今年は寒かった!!網走の「流氷初日」と同時でしたね~!それは寒いですよね~!

 が、しかし!!網走青年会議所がお送りする、流氷輪投げ、ストラックアウト、お酒提供ブースはアツかった!情熱の2日間を提供しました!

 流氷輪投げ、ストラックアウト!2日間でいろいろ出ましたね~!北見食品工業さんのホタテに今野商店さんのズワイガニ!そして、今年は出ました!現金1万円!

 梅津専務の涙が止まらない中、今年はお酒も提供しましたが、、、

 寒すぎて、寒すぎて、ビールが売れない・・・なんでこんなに寒いんだ・・・
 梅津専務の涙も凍る・・・

 しかし!網走が盛り上がれば本望です!網走を楽しんでいただければ、我々は本望なんです!赤字覚悟で景品出しまくりです!

 今年は、まちのど真ん中に網走JCあり!そんな一年なんです!

 少しでも楽しんでくれて、来年を楽しみにしてくれた来場者の方がいてくださればと思います!

 皆さん、来年も会場で、網走青年会議所はお待ちしております!!

 2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【2月8日・9日は流氷まつり】

 2月8日(土)~9日(日)は第55回あばしりオホーツク流氷まつりが網走商港埠頭特設会場にて開催されます!

 テーマは「寄ってけ!食ってけ!遊んでけ!」ということで、新谷理事長が事業部会長とカラオケ大会審査員という重責を担う中、網走青年会議所は恒例の流氷輪投げ、ストラックアウトで最高の遊びを提供し、今年はなんと!ビール、レモンサワー、ハイボール、ホット赤ワインまで提供しちゃいます!

 花火大会も行われたり、流氷像製作実演ショーなど、おもしろイベントがいっぱい!市民パフォーマンスでは2019年感動列車事業でご協力いただいた東京農業大学オホーツクキャンパスのよさこいサークル農天揆さんもパフォーマンスされるようですね! 市民参加型のカラオケ大会は優勝賞金1万円!

 さあ、網走の冬をぜひ楽しみましょう!

 2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

世界一のジェラートとブルーチーズから学ぶ。

2月3日、梅津専務が勤務する未来パートナーズ会計の勉強会である「想蘊会」が網走セントラルホテルで開催されました。

講師は、

世界一のジェラートをつくる Rimo(旧リスの森) 高田聡さん
独学でジェラート作りを学び、2017年に世界最大のジェラートコンテスト『 SHERBETH FESTIVAL 』(伊・パレルモ)にてアジア人初の世界チャンピオン、2019年に国際ジェラートコンテスト『 第60回MIGガストロノミーコンテスト 』優勝により、日本人唯一の二冠を達成されています。

伊勢昇平さん

https://bluecheese-dreamer.com/

世界一のブルーチーズをつくること、江丹別を世界一の村にすることが夢。 2011年春から江丹別の青いチーズを製造開始。国産の食材において史上初、ANAとJAL国際線ファーストクラス機内食に採用されています。

世界一をとった二人の青年の熱いお話。

NO1かonly1以外は、残らない。とのお話が印象的でした。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。