Abashiri IT LAB 新聞記事

Abashiri IT LABについて、北海道新聞、網走タイムズに記事が掲載されました。ご覧ください。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

第69回全国大会北海道札幌大会

新型コロナウィルスの影響により、今年の全国大会はすべてWEBでの開催となりました。

北海道札幌大会ということで、数年前からJCI札幌が準備を重ね、北海道地区協議会、全道各LOMが一丸となって応援してきた大会です。

WEB配信という新しい全国大会のスタイルでしたが、網走からもWEBで参加させていただきました。

また、大会HPには、網走の特産品として牛渡水産のカニが掲載されておりますので、こちらもぜひよろしくお願いします!

牛渡水産HP http://office-in-ushi.com/

札幌大会HP https://www.jaycee.or.jp/zenkoku2020/

2018年の宮崎大会、2019年の富山大会と台風の影響で中止や内容の変更を余儀なくされてきた全国大会。

来年は、第70回栃木宇都宮大会です。今から楽しみにしております!

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

Abashiri IT LAB NHK全道ニュース

Abashiri IT LAB プログラミングスクールの様子が、NHKの全道ニュースとして報道されましたので、当日の様子をご覧ください。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

 

 

Abashiri IT LAB プログラミングスクール

2020年は教育改革が行われ、学校教育が大きく変化していく1年です。

これは、社会を生き抜くために必要な能力が大きく変化しているからです。

社会の変化として、
①10年~20年で、49%の職業がAIや機械に代替される可能性
②2011年にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、今はまだ存在していない職業に就くだろうと予想されている。
③外国人社員の採用に関する調査では、約1/3の企業が外国人留学生を採用。

以上から、2020年小学校で、2021年中学校で、2022年に高等学校で、新しい学習指導要領が導入され、また大学入試改革も行われます。

プログラミング的思考を養う授業や外国語学習にさらに重視する姿勢が鮮明であり、JCI網走としても、例えば東京や札幌では、プログラミングを学ぶ塾や無料のイベントが多数あるが、網走にはまだないこと、さらには日常的にプログラミングに触れる機会が少ないことから、地域間の格差をなくし、子供たちにプログラミングに触れる機会を作りたいとの思いから、プログラミングスクールを9月20日、21日の2日間開催しました。

中高生を対象に募集をしたところ、13名の応募をいただきました。

2日間、HTML、CSS、JavaScriptを学び、簡単なゲームを作るところまでをゴールとしました。
また、冒頭では、㈱MILESHARE CEO 森田宣広さんを講師に、「自分の人生のコントローラーを握れ」との熱い講演をいただきました。


JCI名寄の泉谷暖君、黒沢さん、上野さんを講師とし、タイトなスケジュールの中、悪戦苦闘しながらも最後はそれぞれが成果物を完成させました。

地方においては、特にIT人材を育成する教育が求めらえております。

なお、当日の様子は9月20日のNHKの全道ニュースにとりあげていただきました。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

2020年度じゃがいもクラブ

青年会議所には、ゴルフを通じて先輩との懇親を深めるじゃがいもクラブという会があります。
本年は、中振恵梨会長、梶田孝明幹事のもと、第1回8月2日、第2回9月13日に開催させていただきました。
滝井先輩がグランドチャンピオンとなられました。おめでとうございます。

ところで、

なぜ「じゃがいもクラブ」というネーミングなんだろう?
全国にじゃがいもクラブがあるのは、なぜなんだろう?

ということで、じゃがいもクラブの歴史を勉強してみました。以下、日本JCじゃがいもクラブのHPより引用します。
http://www.jc-jagaimoclub.jp/index.html

じゃがいもクラブは、1954年の発足、そして1958年に社団法人日本青年会議所において「分科団体活動に関する規定」が設けられ、じゃがいもクラブが分科団体として公認されたことに始まり、初代黒川光朝会長と池田徳五郎キャプテンの連名で、全国の青年会議所に入会を懇請され、日本JCじゃがいもクラブが誕生いたしました。
60数年を経た現在でも、創始の理念であります「奉仕及び修練の場であること」・「現役とOBの架け橋であること」を基軸として全国約160ロムの皆様が活動しております。

次は、日本JCじゃがいもクラブ初代会長 黒川 光朝先輩の文章です。

東京JCじゃがいもクラブの30周年に際して何か書けとのことで筆を取ったが、最初の頃のことはあまりよく憶えていない。たしかゴルフ好きの連中がたまには一緒にプレーをしようとしたのが切っ掛けである。それは連日連夜のJCの創生期の会議やら打合せやら一杯飲むばかりでなく、外の空気を吸って、大いに発散しようとしたに他ならない。それが徐々に人も多くなり、名前も、芋掘りゴルフが多かったので、JCにもじって、じゃがいもクラブとしたわけである。その中に、JC活動は何もやらなくてただゴルフをするだけの会員が出て来た。そこで本末転倒をしてはこのクラブの意味のないことを大いに強調し、ゴルフだけの会員を逆にゴルフによって出来た友情を利用して、会の任務を押しつけたこともあった。もう一つはゴルフのマナーのことで、何処に出ても恥ずかしくないゴルファーになってもらうように、随分やかましく云った。流石にJCの連中はマナー、エチケット、ルールすべてに満点だと云われるように、ゴルフ道の先輩として注意したことも思いでの一つである。

最後は、2代会長 三輪 善兵衛先輩の文章です。
「ジェーシージー(JCG)つまりJCゴルフクラブを省略するとこうなる。だが、今日ほどJCが社会的に認められなかった発足間もない頃には、やれ坊チャンクラブだ、坊やのサロンなどと、ほんの一部ではあったがそのようなカゲ口も聞かされた時代だけに、堂々とJCの下にゴルフクラブとつけるには遠慮があった。
そこで、たしか黒川光朝君(前会長)の提唱で、何だか分からない名前と語呂合せにしようではないかという訳で“じゃがいもクラブ”が東京に生れた。勿論難しい綱領や定款もある訳でなく、同好者が集って楽しく、また新入りが入って気が張らないものにしよう、ただ次の2つのことは後世に伝えようではないか、と云って話し合ったことが、いまだに全国のじゃがいもクラブのバックボーンになっているようである。つまり、じゃがいもクラブとは云ってもJCの名前を冠する以上、あくまでお家の憲法である“友情と訓練”の場であることを忘れないようにしよう。それからもう一つは、いずれ40才になったらJCは追い出されることになるが、それでもここだけは現役とOB のかけ橋として残そうではないか、ということである。

「修練・奉仕」、そしてOBと現役の架け橋として、じゃがいもクラブは創立されたんですね。
日頃何気なく行っているじゃがいもクラブにも、深い歴史があったことがわかります。

ゴルフのマナー、エチケット、ルールもしっかりと学び、スコアも良くなるよう練習に励みます。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

組織力を強化するために、必要なこととは?(3月第1例会)

9月11日(金)19時から、3月第1例会「心に火を灯せ!」を、田中委員長率いる拡大委員会が担当し、網走セントラルホテルにて開催しました。

当初は、3月2日に開催予定でしたので3月第1例会となっていますが、コロナの影響で延期となり、7月に開催を予定するも、再度の延期となり、3月の例会をやっと9月に開催することができました。

本年は会員数21名でスタートし、そこから13名の新入会員を迎えました。半数以上が新入会員となり、青年会議所としての組織力の低下が懸念されることから、本例会では組織力を強化するために、会員に青年会議所の魅力や価値を伝え、帰属意識を向上させることを目的に開催しました。

2011年第60代理事長を務められた杉本匡規先輩から、ご講演をいただきました。

青年会議所も、会社も、野球やサッカーのチームもすべて組織であり、組織力を高めることが、成果を出すうえで重要なポイントです。

・組織への帰属意識の高低=組織力

・個人では、JCの中で自分がなくてはならない存在として認識できているか?
→一人一人が、確固たる自尊心を確立すること

・組織では、JCが世の中からなくてはならない存在だと認識されているか?
→組織の歴史を学び、誇りを持つこと

杉本先輩が理事長をされていたとき、所信に引用されたいた、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」の詩の紹介を交え、みんな違っていてもいい、それぞれに重要なことは、自尊心を持ち、歴史を学び誇りを持つことから、帰属意識は高まっていくというお話でした。

自尊心が弱まれば、
・活動・運動が低迷し、発信力が弱まる。
・アクティブメンバーが減少
・まち・ひとへの影響力低下
・会員の減少
・理事長や委員長等を担う人材難
・ひとに合わせた組織になる
・理事会等の組織が有する機能を発揮できない
・組織が崩壊し、解散

となり、まずは自尊心・自己肯定感を高めることが重要であり、併せて組織の歴史を学び、誇りをもつことが、帰属意識をもつうえでのポイントであり、今後の組織を運営するにあたり、明確な羅針盤を得られた例会となりました。

これは、青年会議所だけでなく、家族であればその家のルーツを知ることから、なぜ私は存在するのか?を考えられるでしょうし、会社であれば創業の歴史を知らなければ、なぜわが社が存在しているのかを理解することはできません。

組織として成果を出すためには、組織力を高めることが重要であり、それにはまず歴史を学び、自尊心を持つことから始まります。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【北方領土返還要求運動看板メンテナンス】

9月9日(水)11時より、網走市字藻琴にある北方領土返還要求運動看板メンテナンスを実施しました。

気象庁発表の気温が31.4℃を記録するとても暑い中、総務広報委員会の皆で平日にも関わらず多数の人員で実施しました。

我々の想いが、届きますように。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

8月第1例会 【~新時代の広報力で網走の未来を切り拓く!~】

8月26日(水)、北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート様にて、8月第1例会を開催いたしました。担当は、覚張委員長率いる総務広報委員会です。

鶴雅リゾートSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)発信担当として御活躍されています、デジタル集客支援ラボの下澤美香氏を講師に迎え、Web上の交流ツールとしてのSNSを集客に生かす方法について講演をいただきました。

代表的なSNSの傾向と活用に適した場面、リスクを避けながら効果を上げるためのポイントなど、実例を交えた講演内容を受け、参加者一人一人が組織・職場・地域の発信者としての実践に向けて学ぶことができました。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。