青年会議所は、なぜ会議が多いか?

10月28日(水)19時から、2021年に向けた第2回の理事予定者会議が開催されました。

網走青年会議所では、7月の定時総会にて翌年の理事長が決定し、9月の臨時総会で、翌年の理事者や監事が承認されます。副理事長や専務理事は、同時期の理事会にて承認され、9月から翌年に向けた準備が本格化します。

その時期は、まだ当該年度の事業や例会、または実施済の決算報告があるので、当該年度と次年度の2つの動きが同時進行します。ので、秋頃からは「二足の草鞋」を履くことになるので、特に忙しい時期を迎えます。

さて、タイトルにあるように、青年会議所は委員会、三役会、理事会等、会議が多いとよく指摘されると思います。そして、その会議の時間が長い、とも言われています。

今日はそのテーマで考えてみたいと思います。

青年「会議所」ですので、会議をする所だ、という考えがあります。例えば理事会であれば、上程者である委員長は、会議に臨むうえで、実施にいたる背景や目的、事業内容、予算等、事業計画をしっかり準備し、各担当との連絡調整等をし、理事会で協議・審議というプロセスを経ないと、事業・例会を実施することはできません。

そして、事業や例会を実施した後も、事業報告・決算が必要です。これも、同じく、理事会で協議・審議のプロセスを経ます。

網走青年会議所は、これだけのプロセス(会議が多い)を重視しています。

もしこのプロセスを重視しなければ、どうなるかは想像がつきます。思い付きの事業・例会案が理事会にあがってきます。「まあ、この案でいいんじゃないか」ということで、特に意見や質問もなく、議案が通過してしまいます。上程する側も真剣みがありませんので、そんなところで本当に成果がでる事業や例会を構築することはかなり難しいと思います。

それでも成果が出る場合もあるでしょうが、仕組みとしてプロセスを重視することには意味があります。

1つには、それが結果として青年経済人としての成長につながる、という点です。これは、委員長や各個人の成長という部分では非常に大きいものです。

青年会議所では、委員長をやってはじめて一人前、という風潮がありますが、上記の事業構築、事業計画作成、それにかかわる調査・研究、理事会での上程、等委員長でしか経験できないことが多いのです。それが、個人の成長につながるという考えです。

もう1つは、個人の視点ではなく、組織としてです。理事長や役職が上の者のトップダウンではなく、あくまで合意形成に時間をかけていますので、いざ審議が通過すれば、その方向で全体がスムーズに動く、という点です。

組織としての意思決定を早くするということは、合意形成がなされていないことを意味します。ですので、「なんでこんなことやらなきゃいけないんだ?」と思う会員が出てくることは、間違いありません。トップダウンということは、そういうことであると思います。

事業実施に至るまでの諸会議、プロセスを重視することで、理事会での審議が通過したら、組織全体としての合意形成も当然できており、スムーズな実施につながります。

よくアメリカは意思決定が早い、日本は遅いからダメだという指摘もありますが、こちらも記事が参考になります。

「意思決定は、、、遅い方がいい?」GLOBIS知見録 堀学長のブログです。

https://globis.jp/article/3720

 

意思決定は早い方がいいに決まっています。現状の網走JCでは、事業や例会の計画を理事会で審議可決するまで、2か月は必要です。準備を含めると最短でも3か月は必要であると思います。これをより早くした方がいいのか、という議論ももちろんあります。

特に今年のようなコロナ禍では、状況がだれにもわからない、どうなるか読めない場合は、決めたことを変えざるを得ないことも起こります。

いずれにしても、意思決定と合意形成、そして会員の成長と事業・例会の成果、このあたりを考慮し、時代に合わせて適切な諸会議の「仕組み」を作ることが必要ではないかと考えています。

会議の時間ですが、これは理事会や委員会、三役会で共通認識を持つ必要があります。上程する側も準備が必要ですが、意見・質問する側もしっかりと、事業計画・決算報告等に目を通して、時間を無駄にしない準備が必須です。

来年に向けた理事予定者会議終了後、委員長予定者からは、「緊張した」、「こういう会議は初めてだった」という声がありました。

「人間の成長は、緊張感の中にある」

のだとすれば、青年会議所の理事会には、大きな価値があると思います。

 

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします

網走市の子育て支援に関する調査

2020年2月の例会において、㈱AsMama 代表取締役CEO 甲田恵子様に、「子育てシェア」のサービスについて、ご講演をいただきました。

ASMamaについてはこちらをご覧ください。

AsMama HP  http://asmama.jp/

日経BP掲載記事 「「子育てシェア」で地域の共助を促進、自治体との連携も」

https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434148/021100037/

今日は、私たちが考える網走の課題を考えてみたいと思います。

網走市の子育て支援について、色々とヒアリングや調査をしました。地域特性として、北海道開発局網走開発建設部、オホーツク綜合振興局等役所や出先機関があり、転勤される方の割合が高くなっています。

そんな中で、子育ての支援はどうなっているのだろうか?との問いからはじまりました。

網走市では、網走市から社会福祉協議会への委託事業として、網走市子育てサポートセンターがあります。以下要点をまとめると、

  • H17年くらいから実施、オホーツク管内では早い方

  • 網走市は、官公庁、学校、病院等があり、転勤族が多いので、そういった環境も考慮しスタート

  • サービスは、会員同士の相互支援

  • 協力会員約100人、講習を1日受けて実習もある。50歳~70歳が多い、報酬は会員同士が受け渡しをする。

  • 依頼会員約200人、6か月~小学校6年生まで。事前に申し込みし、講習を受ける。依頼会員のニーズに合わせて、3人ほどの協力会員が紹介され、何かあった場合は当事者同士が連絡を取り合う。

  • 課題は、協力会員の高齢化により、会員が集まらない。担い手不足。

利用実態として、

  • 保育園に行きだした頃、奥さんが働きに出ているなどで、突発的な事態に対しての選択肢として、安心感を得たい。

  • 市外からの転勤族の方が利用するケースが多い。身寄りがいないため。

  • 2019年では、12月39件、多いとき50件、平均するとひと月あたり、50件くらいの利用。

  • 送迎が多い、学校→児童館や保育園・幼稚園→職場までなど。

  • 塾や学校への送迎もある。「言葉の教室」が中央小にしかなく、その他の学校からも中央小まで通うなどでの利用も。

  • 突発的な事態、子供が熱出したときの迎えにいけない時に、利用するケースも多い。

  • 子供は、あくまで大人→大人に渡す。 ×家に置いてくる

  • 利用数は減少傾向にある。→保育環境の充実による(イセの里の病児・病後児保育、幼保一体化による幼稚園の延長保育機能など)

  • 保険も適用される。

  • 紋別市では利用数が少ないため、サポートセンターを廃止した。

その他の子育て支援機関としては、

  • 子育て支援センターとして、どんぐり、ひまわり→親子の交流、相談

  • 保健センターでは、包括支援センター ユカリエ→相談窓口

  • 子育てサークル→ハピ育

 

網走市には、以上のような子育て支援の施設やサークルがあります。

2月末からは、コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令で、事態はさらに困難になりました。

そんな中で期待されているのが、AsMamaの子育てシェアサービスであると考えています。

こちらは、コロナ禍の仲でのAsMamaのサービスについての北海道新聞の記事です。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/429561

高齢化による子育てに関する人材不足が課題のなかで、子育てシェアという新たな手法を用いれば、新たなコミュニティが形成され、支えあい、助け合う地域ができる。10月まちづくり委員会の例会にご参加いただいた、さいたま市の美園地区も、AsMamaと連携し、子育て支援策を講じているとお話がありました。

自治体との連携も各地で進めており、人口減少による担い手不足という課題解決に向けて、こうした取り組みは非常に有益であると考えています。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします

道東エリア大会が開催されました。

10月24日(土)斜里町ウトロ漁村センターにて、道東エリア大会が開催されました。

公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会 道東エリア運営会議の主催事業です。広域分散型である北海道地区では、道南、道央、道北、道東の4つのエリアが存在します。

道東エリアには、網走、斜里、中標津、根室、北見、遠軽、帯広、釧路(順不同)の8つの青年会議所、265名の会員で構成されています。道東エリア運営会議では、主に各青年会議所の垣根を越えて、道東エリアとして会員の交流と新入会員の育成を目的に、年4回ほど事業を実施しています。

この日は、道東エリアとして最後の事業である新入会員の発表や、会員の卒業式を行われました。

青年会議所は40才までしか所属することができません。JCI網走からは、江田君、田中君が2020年度の卒業生となります。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

19年ぶりに、JC宣言文が改訂されます。

日本の青年会議所の在り方を示した、JC宣言文が今年改訂されます。

現行のJC宣言文は、第3期 2001年に作られたものです。

「日本の青年会議所は 混沌という未知の可能性を切り拓き
個人の自立性と社会の公共性が
生き生きと協和する
確かな時代を築くために
率先して行動することを宣言する。」

それ以前には、第1期1970年

「理性と法による社会の秩序を確立し
個人の創意と公正な競争を通じて
経済の発展を実現し
隣人の幸せを願う者が正しく報われる
民主主義社会の達成を誓い
民族の気概を結集して
日本の平和と独立を守り
人間性への信頼こそすべての国を結ぶ
きずなであることを確信する

第2期 1988年

「変革の能動者たらんとする青年として
個人の真に豊かな生活の実現を通して
自立した快適で活力ある地域を創造し
自由と公正を保障する国家を基盤として
世界の平和と繁栄に貢献し
地球上のすべての人と
共に生きることを誓う」

時代に即して、JC宣言文は変化してきました。

10月23日20時より、日本青年会議所 JC宣言文改訂会議主催の、ZOOMによる説明会に新谷理事長が参加しました。

https://jc-sengen.1net.jp/greetings.html

中島副会頭より冒頭、「JC宣言文が、19年ぶりに改訂される。明るい豊かな社会とは、具体的に何なのか?を明確にする。」とのご挨拶後、曽布川座長より改訂案の説明がありました。以下、要点を記載します。

理事長シンポジウム、7月に開催し、9月本会総会で改訂案を審議をする予定だったが、各理事長よりヒアリング・意見をいただき、JC宣言文を再度まとめた。議論を最後まで尽くすことを重要視した。

JC宣言文の呼称については、JCという言葉の使い方を整理したのちの議論なので、青年会議所宣言などの使い方は、今回の改訂では変更を提案していない。

第3稿説明

・JC宣言文は、可変である。

・対外への決意表明である。

・20-24日本JC戦略計画、19-23JCIストラテジックプランを下敷きとした。

・社会の共感を得て協同することを目的とした。

全体的に、JC宣言で一番何を伝えたいのか?

何かを宣言しているから、宣言文であり、社会の課題を解決し、持続可能な地域を創ることを誓う、ことである。

現行の宣言文では、率先して行動することを宣言しているが、単に行動することから、社会の課題を解決する、という少し前に進んだところが意義ではないか?

座長の思いとして、希望という言葉を入れた。

時代性が反映されている。今の時代は、70年、88年、01年と比べて、経済も停滞して、楽な時代ではない。

傲慢かもしれないが、そこを言い切ることに青年の価値があるのではないか?という青年の決意として考えている。

との説明がありました。

JCI網走も2021年には、5年ごとに策定している中期ビジョンの最終年度となり、新たな中期ビジョンを策定する1年となります。

現行の第14期LOM中期ビジョンでは、改訂案として提示された「希望」という言葉に焦点をあてて、策定された経緯があります。

時代に即し、地域に根差すのが、青年会議所ですが、地域の課題のみならず、国家・国際的な課題までを捉えて運動を展開できるのも、青年会議所であります。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

 

網走ローカルインフォメーション 新聞記事として掲載されました。

網走市も本格的な秋を迎え肌寒くなってまいりました。

さて、LINEのオープンチャット機能を利用した、「網走ローカルインフォメーション」事業ですが、本日の網走タイムズ1面にて、先日の例会で発表した検証内容が記事としてとりあげられました。ご覧ください。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

Abashiri IT LAB WEB講演会

10月14日 19時から、ひとづくり委員会 江田委員長が担当するWEB講演会を開催いたしました。

「テクノロジーは教育をどう変えるか?」
講師は、先日のプログラミング授業でもご協力いただいた㈱MILESHARE CEO 森田宣広さんです。

以下のYouTubeリンクから視聴できます。
https://www.youtube.com/watch?v=4QRdBkT3lDE

シリアルアントレプレナーとして、様々な事業を展開されております。
現在は、マイルのシェアによって、数日前に予約しても13,000円程度でチケットが取得できるというサービスを立ち上げ、テッククランチのピッチイベントにも登壇されるなど、世界でご活躍されています。

マイルシェアのWebサイト  https://mileshare.jp/

さて、教育は、学校、家庭、地域の連携が重要です。学校は、2020年の教育改革により、大きく変化していますが、地域や大人の意識が重要ではないか、という観点から、子育て世代や教育に携わる方向けの講演会を実施。

新型コロナウィルスの影響で、対内向けの会議は、ZOOMを活用する機会が多いですが、YouTubeのLIVE配信は初の試みとなりました。ZOOMで2人をつなげ、それをYouTube上に配信するというものです。

世界中のどこにいても、ネット環境さえあればこうした配信は可能ですので、さらに手法の幅が広がったと感じます。

さて、森田さんの講演と、新谷理事長との対談の中では、
・親は子どもにどんどんチャレンジさせてほしい。
・子どもをリードできるだけの情報が大事
・情報は、意識次第。スマホ一つでどんな情報にもアクセスできる。
・どこの地域に住んでいても、学ぶことができる。
・今後は、プログラミングや英語の必要性がさらに高まる。

など、Society5.0に向けた社会の変化や、どういう方向性をもって子育てしていくか、示唆に富むお話を聞くことができました。

今年も残りわずかとなってきましたが、網走青年会議所メンバー一同最後までスマートシティーの創造に向けて、ど真ん中の気概で頑張ってまいります。

JCI帯広アカデミースクール

10月9日(金)JCI帯広のアカデミースクールに、新谷理事長、土屋君が参加してまいりました。

帯広さんでは、通年約4回ほどのアカデミー育成事業を行っているそうで、今回が最後のスクール。
講師に、北見JCOB山本英和先輩、釧路JCOB栗林延年先輩をお迎えし、「ごきげんよう」さながらのサイコロをふって、青年会議所の魅力や価値を伝えるという内容です。

JCI網走からも土屋宗章君が道東エリアの帯広塾メンバーとして参加

自分が頑張っていると本人が言っても響かないが、青年会議所活動を通して周囲の人が頑張っているぞと社長や上司に話してもらえれば、それは本当の評価につながる。などなど、楽しく学びの多い1日でした。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

スマートシティ網走へ(9月第1例会)

10月7日(水)竹屋真征委員長をはじめとする まちづくり委員会担当の9月第1例会を開催しました。

竹屋委員長は、大悲山弘道寺の副住職、ということでお寺での例会となりました。

人口減少や少子高齢化により生産性の向上や働き手の確保が課題となっている網走市ですが、ICTの利活用から、これらの地域課題を解決するスマートシティ網走の実現に向けた例会です。

8月28日~9月26日まで、約1月実証実験を行ったLINEオープンチャットを利用した飲食店応援事業の検証が行われ、

・オープンチャットへの市民の参加人数 776人
・来店組数の合計 87組
・参加飲食店舗数 20店舗

参加した飲食店から、無料で広報や今日のおすすめ、来店された方へのサービスをオープンチャットへ投稿していただき、飲食店を応援し、地域の経済を少しでも活性化しようとする試みです。

飲食店側からすると、無料で広報ができる点がメリットですし、それにより少しでも来客につながれば飲食店を応援することができます。またお客様は、LINEオープンチャットを見たと言っていただければ、1品サービスや1ドリンクサービスなど、言ってみればホットペッパーのクーポンのようなものにもなります。さらには、22時からタイムセール、今日は今満席です、などのリアルタイム情報を店舗からお客様にも伝えることができます。

様々な課題はありましたが、コロナの中で面白い仕組みを作れたのではないかと思っています。

さて、例会では、一般社団法人美園タウンマネジメント事務局の黒沢さんを講師として、さいたま市美園地区のスマートシティに関する一連の取り組みを学びました。

・テクノロジーから考えるのではなく、まずはしっかりと地域の課題を考える。
・小さなところからはじること。
・美園地区では、情報を集約するプラットフォームがあり、地域の様々なデータを集積している。
・子育てシェアは、2月の例会でお呼びした、㈱AsMamaと連携
・自転車のシェアリングも行っている。

今後、これらの実験結果をもとに、政策提言書を作成する予定となっております。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。