総務室 /総務広報委員会

総務室  室方針

総務室 担当副理事長 水野 敏裕

 網走JCは数多くの諸会議を通じた国家間問題解決の根幹となる運動と、地域に根差した伝統ある運動で、市民と共に数多くの記憶を刻んできました。しかし地域のJCが消滅する時代の中で、網走JCも例外ではなく会員数減少と出席率低下が進行し、地域に対する存在感と信頼関係が薄れています。今こそ、市民の心を揺さぶる組織としての自覚と、ひとに対する配慮、思いやりと共感から、網走と網走JCの価値を高める必要があります。
 まずは、政策立案から運動を展開する網走JCの基盤強化のために、組織の意思決定に関する諸会議を確実に設営することで、意見が活発に飛び交う議論の場を整えます。そして、会員が市民の模範となる青年へと成長するために、ICTを利活用した会員間情報共有ツールを作成・管理することで、網走JCの情報を会員が共有する環境を整えます。さらに、網走JCの運動が市民から共感を得るために、ICTを利活用して運動に関する情報を発信し続けることで、我々の地域への存在感を高めます。また、網走JCが市民と深い信頼関係を築き上げるために、ターゲットや年齢層を踏まえた広報戦略を明確化し、市民に光を当てる継続的な対話関係をもった広報をすることで、市民が網走JCに抱く共感を深めます。そして、有意義な議論の成果を今後の活動基盤とするために、画像・映像の記録保存と管理を確実に行うことで、色褪せない記録として次世代へ継承します。さらに、北方領土問題解決に資する国家間交渉を後押しするために、領土問題解決を願う我々の意志を示し、領土返還を願う声を国家に届けることで、市民の当事者意識を向上させます。
 網走JCの根幹となる時代に即した堅実な組織基盤と、唯一無二で誠実な網走の魅力発信のもと、国家観と信頼関係を兼ね備えた市民との協働から網走と網走JCに光と幸せが満ち溢れ、ひとに感動をまちをスマートに、感動溢れるスマートシティ網走を実現します。


総務広報委員会  事業計画

総務広報委員会 担当委員長 覚張 義人

 網走JCは創立から政策立案実行団体として、地域に根差した運動や北方領土問題解決に向けた運動を強固な組織力の基に展開してまいりましたが、会員の減少や出席率の低下により組織力が低下しており、存続の危機に直面しています。ICTの進歩による効果的な発信方法から市民の共感と網走JCのもつ力を最大限に引き出す統率された組織力で、市民と共に歴史を途切れさせることなく、網走と網走JCの価値を高める必要があります。

 まずは、政策立案から運動展開を行う網走JCの基盤を築くために、組織の意思決定に関する諸会議を確実に設営することで、活発な意見が飛び交う議論の場を整えます。そして、会員が成長する機会を確実に得て模範となる行動へと導くために、ICTを利活用した会員間の情報共有ツールを作成・管理し、規律正しい行動をとれる環境を作ることで、会員の出席を促します。さらに、網走JCを市民に認識してもらうために、時代に即した広報技術を活用し、地域に分かりやすく継続的に伝えることで、網走JCの存在を示します。また、網走JCの運動で市民の共感を得るために、市民や市内各団体の活躍に注目し、まだ気づかれていない魅力を我々が発信することで、地域の魅力と網走JCの価値を高めます。そして、未来を担う我々の運動が更に発展するために、ICTツールを利活用し、画像・映像等を記録・保存することで、情報の活用ができる環境を整えます。さらに、北方領土問題解決へ向けた政府間交渉を後押しするために、正しい歴史を会員が認識し、問題解決を願う思いを市民に伝える事で、北方領土問題に対する当事者意識を醸成します。

 時代に即した網走JCの盤石な体制と地域の魅力発信で、国家観をもつ我々と市民の共感から深い信頼関係が構築され、活気と熱意のある協働から網走と網走JCに光と幸せが満ち溢れ、ひとに感動をまちをスマートに、感動溢れるスマートシティ網走を実現します。

<事業計画>

1.諸会議の設営

2.会員間の情報共有ツールの作成・管理

3.網走と網走JCの価値を高める広報

4.画像・映像の記録保存と管理

5.北方領土問題への当事者意識を醸成する事業の実施

<担当例会>

1.5月第1例会

2.8月第1例会