公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会 2021年度  第3回 道東エリア会議

3月21日(日)遠軽の地にて「実践!ライブ配信セミナー」の後に開催されました。 道東エリアにある8つの青年会議所の理事長が集い、エリアの事業、北海道地区協議会の事業について協議させていただきました。多くの会員がオブザーブとしてwebで参加し、各理事長からの意見などは我々会員も学び多き時間となりました。

公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会 第2回会員会議所会議

3月14日に室蘭の地にて開催されました。JCI網走からは柏崎理事長、2020年度事業決算の審議を賜るため長井監事、そして本年度公益社団法人 北海道地区協議会 2021年度会務担当副会長としてJCI網走より出向している新谷正樹君が参加いたしました。 この会議は北海道地区協議会の運動を各地青年会議所の理事長の皆様にご審議賜るために開催される会議です。新型コロナウイルス感染症によりハイブリッド開催、ガイドラインにしっかりと基づいた感染防止対策のなか開催されました。

2月3日 例会

2月3日(水)まちづくり委員会が今年初の例会を行いました。テーマは「一次産業の潜在能力と社会での多面的価値」講師は近江 正隆氏をお招きしました。 福田委員長の想いは、「一次産業には様々な価値がある。まずはその付加価値に気づき、次に社会に対する影響を考え実行すれば、より良い社会になる」 例えば、農家(米)の本業はお米づくりですが、付加価値として、本州の高校生、社会人などを招いて米作り体験してもらう。それが、体験者の今後の人生、社会経験においてかけがえのない価値となり、それをまた仲間に伝え拡散し、社会全体に大きな影響を及ぼす。 といったように、1つの物事を多面的に捉えることにより、今ある地域の日常に新たな価値を見いだす。それが次世代のこどもたちが地域への自信と誇りが芽生え、地域への愛着が深まり、地域へ貢献しようと思う意識を育むことに繋がるという大変貴重な例会でした。ぜひ皆様も、固定概念にとらわれず、俯瞰し様々な角度から考えてみて下さい

1月18日 定時総会

1月18日(月)、網走セントラルホテルにて定時総会を開催しました。 2021年度事業計画書が柏崎理事長を筆頭に副理事長、委員長の晴れ舞台として皆胸を張って上程し、承認されました。 同時に、新入会員の入会証の授与もあり、緊張した顔が初々しく思えますね!新入会員の皆様も今後のJCライフを謳歌していただき、悔いのない活動をお願いします! 今年のスローガンである 「超えていけ」 今後このメンバーで一緒にやることが二度とない最初で最後のこの1年。 新型ウイルスで世界に変革が求められているこの1年。 諸兄先輩方が築き上げていただいた網走JCをさらに飛躍させるために 我々網走JCメンバーは一丸となって、すべての困難を乗り超え、思いを繋げてまいります。 この一年どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アカデミー育成事業 JC勉強会

1月13日(水)網走青年会議所事務局にてWhat's JC~アカデミー育成事業~JC勉強会を開催いたしました。 講師に当青年会議所OBであり、第64代理事長、中村圭先輩を迎え、当年度新入会員に対して自身がJCにて経験されたお話や時には新入会員への質問を織り交ぜながら、終始和やかな雰囲気の中、勉強会を開催していただきました。 アカデミーの皆さんは真剣に講師の話に耳をかたむけ、多くの意見交換からJCに対するモチベーションアップに繋がったのではないかと感じる勉強会となりました。今後は委員会にてNEW JAYCEE、STANDARD JCの勉強を実施する予定となっております。