青年会議所は、なぜ会議が多いか?

10月28日(水)19時から、2021年に向けた第2回の理事予定者会議が開催されました。

網走青年会議所では、7月の定時総会にて翌年の理事長が決定し、9月の臨時総会で、翌年の理事者や監事が承認されます。副理事長や専務理事は、同時期の理事会にて承認され、9月から翌年に向けた準備が本格化します。

その時期は、まだ当該年度の事業や例会、または実施済の決算報告があるので、当該年度と次年度の2つの動きが同時進行します。ので、秋頃からは「二足の草鞋」を履くことになるので、特に忙しい時期を迎えます。

さて、タイトルにあるように、青年会議所は委員会、三役会、理事会等、会議が多いとよく指摘されると思います。そして、その会議の時間が長い、とも言われています。

今日はそのテーマで考えてみたいと思います。

青年「会議所」ですので、会議をする所だ、という考えがあります。例えば理事会であれば、上程者である委員長は、会議に臨むうえで、実施にいたる背景や目的、事業内容、予算等、事業計画をしっかり準備し、各担当との連絡調整等をし、理事会で協議・審議というプロセスを経ないと、事業・例会を実施することはできません。

そして、事業や例会を実施した後も、事業報告・決算が必要です。これも、同じく、理事会で協議・審議のプロセスを経ます。

網走青年会議所は、これだけのプロセス(会議が多い)を重視しています。

もしこのプロセスを重視しなければ、どうなるかは想像がつきます。思い付きの事業・例会案が理事会にあがってきます。「まあ、この案でいいんじゃないか」ということで、特に意見や質問もなく、議案が通過してしまいます。上程する側も真剣みがありませんので、そんなところで本当に成果がでる事業や例会を構築することはかなり難しいと思います。

それでも成果が出る場合もあるでしょうが、仕組みとしてプロセスを重視することには意味があります。

1つには、それが結果として青年経済人としての成長につながる、という点です。これは、委員長や各個人の成長という部分では非常に大きいものです。

青年会議所では、委員長をやってはじめて一人前、という風潮がありますが、上記の事業構築、事業計画作成、それにかかわる調査・研究、理事会での上程、等委員長でしか経験できないことが多いのです。それが、個人の成長につながるという考えです。

もう1つは、個人の視点ではなく、組織としてです。理事長や役職が上の者のトップダウンではなく、あくまで合意形成に時間をかけていますので、いざ審議が通過すれば、その方向で全体がスムーズに動く、という点です。

組織としての意思決定を早くするということは、合意形成がなされていないことを意味します。ですので、「なんでこんなことやらなきゃいけないんだ?」と思う会員が出てくることは、間違いありません。トップダウンということは、そういうことであると思います。

事業実施に至るまでの諸会議、プロセスを重視することで、理事会での審議が通過したら、組織全体としての合意形成も当然できており、スムーズな実施につながります。

よくアメリカは意思決定が早い、日本は遅いからダメだという指摘もありますが、こちらも記事が参考になります。

「意思決定は、、、遅い方がいい?」GLOBIS知見録 堀学長のブログです。

https://globis.jp/article/3720

 

意思決定は早い方がいいに決まっています。現状の網走JCでは、事業や例会の計画を理事会で審議可決するまで、2か月は必要です。準備を含めると最短でも3か月は必要であると思います。これをより早くした方がいいのか、という議論ももちろんあります。

特に今年のようなコロナ禍では、状況がだれにもわからない、どうなるか読めない場合は、決めたことを変えざるを得ないことも起こります。

いずれにしても、意思決定と合意形成、そして会員の成長と事業・例会の成果、このあたりを考慮し、時代に合わせて適切な諸会議の「仕組み」を作ることが必要ではないかと考えています。

会議の時間ですが、これは理事会や委員会、三役会で共通認識を持つ必要があります。上程する側も準備が必要ですが、意見・質問する側もしっかりと、事業計画・決算報告等に目を通して、時間を無駄にしない準備が必須です。

来年に向けた理事予定者会議終了後、委員長予定者からは、「緊張した」、「こういう会議は初めてだった」という声がありました。

「人間の成長は、緊張感の中にある」

のだとすれば、青年会議所の理事会には、大きな価値があると思います。

 

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします

組織力を強化するために、必要なこととは?(3月第1例会)

9月11日(金)19時から、3月第1例会「心に火を灯せ!」を、田中委員長率いる拡大委員会が担当し、網走セントラルホテルにて開催しました。

当初は、3月2日に開催予定でしたので3月第1例会となっていますが、コロナの影響で延期となり、7月に開催を予定するも、再度の延期となり、3月の例会をやっと9月に開催することができました。

本年は会員数21名でスタートし、そこから13名の新入会員を迎えました。半数以上が新入会員となり、青年会議所としての組織力の低下が懸念されることから、本例会では組織力を強化するために、会員に青年会議所の魅力や価値を伝え、帰属意識を向上させることを目的に開催しました。

2011年第60代理事長を務められた杉本匡規先輩から、ご講演をいただきました。

青年会議所も、会社も、野球やサッカーのチームもすべて組織であり、組織力を高めることが、成果を出すうえで重要なポイントです。

・組織への帰属意識の高低=組織力

・個人では、JCの中で自分がなくてはならない存在として認識できているか?
→一人一人が、確固たる自尊心を確立すること

・組織では、JCが世の中からなくてはならない存在だと認識されているか?
→組織の歴史を学び、誇りを持つこと

杉本先輩が理事長をされていたとき、所信に引用されたいた、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」の詩の紹介を交え、みんな違っていてもいい、それぞれに重要なことは、自尊心を持ち、歴史を学び誇りを持つことから、帰属意識は高まっていくというお話でした。

自尊心が弱まれば、
・活動・運動が低迷し、発信力が弱まる。
・アクティブメンバーが減少
・まち・ひとへの影響力低下
・会員の減少
・理事長や委員長等を担う人材難
・ひとに合わせた組織になる
・理事会等の組織が有する機能を発揮できない
・組織が崩壊し、解散

となり、まずは自尊心・自己肯定感を高めることが重要であり、併せて組織の歴史を学び、誇りをもつことが、帰属意識をもつうえでのポイントであり、今後の組織を運営するにあたり、明確な羅針盤を得られた例会となりました。

これは、青年会議所だけでなく、家族であればその家のルーツを知ることから、なぜ私は存在するのか?を考えられるでしょうし、会社であれば創業の歴史を知らなければ、なぜわが社が存在しているのかを理解することはできません。

組織として成果を出すためには、組織力を高めることが重要であり、それにはまず歴史を学び、自尊心を持つことから始まります。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【北方領土返還要求運動看板メンテナンス】

9月9日(水)11時より、網走市字藻琴にある北方領土返還要求運動看板メンテナンスを実施しました。

気象庁発表の気温が31.4℃を記録するとても暑い中、総務広報委員会の皆で平日にも関わらず多数の人員で実施しました。

我々の想いが、届きますように。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

8月第1例会 【~新時代の広報力で網走の未来を切り拓く!~】

8月26日(水)、北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート様にて、8月第1例会を開催いたしました。担当は、覚張委員長率いる総務広報委員会です。

鶴雅リゾートSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)発信担当として御活躍されています、デジタル集客支援ラボの下澤美香氏を講師に迎え、Web上の交流ツールとしてのSNSを集客に生かす方法について講演をいただきました。

代表的なSNSの傾向と活用に適した場面、リスクを避けながら効果を上げるためのポイントなど、実例を交えた講演内容を受け、参加者一人一人が組織・職場・地域の発信者としての実践に向けて学ぶことができました。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【臨時総会 次年度理事長予定者承認】

 

7月15日(水)網走セントラルホテルにて臨時総会が行われました。
本総会において、2021年度第70代理事長予定者として、『柏崎 尚史』君が満場一致で承認されました。

網走を元気にする、常に新しいことに挑戦し続けている柏崎理事長予定者。来年の網走JCにもご期待ください!


2020年度事業で高い位置まで登り続け、高い位置で2021年度が始められるように、5ヵ月間ど真ん中で走り抜けます!

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

7月第1例会【~情報ライブ マコト屋~】 

7月8日 網走の北海ホテルにて「情報ライブ マコト屋」が開催されました。

新型コロナウィルスの影響により、2月末~6月中旬まで、対面式での例会や事業がストップしていました。

まずは、会員やご家族の安全を第一に考え、また所属企業に不安を感じさせないように、自粛期間を設け対策を講じてきました。

今回の例会も、感染拡大防止策をとったうえで、久しぶりに対面式での例会となりました。

今年入会した新入会員が中心となり、例会を設えました。まずは、2020年度の方向性や事業について改めて確認をし、その後新入会員が疑問に思っていることを、三役に質問するという内容でした。

以下は、担当した江田委員長からです。

アカデミーの皆さまに支えられながら、例会を設えメンバーや三役の皆さまから色々お話を伺えて、大変有意義な時間を共有することができました!本当にありがとうございました。ひとに興味をもってもらえるトークは非常に難しくて、とても勉強になりました。

アカデミーのみなさんには、少しでもJCとしての実感が沸いてくれればいいなと思っています。自粛解除から一発目の例会、会員間の団結力が強まったところで、ここから青年会議所運動を再スタートしていきますので、乞うご期待!!!

網走青年会議所新入会員のバッチ授与も行われました。ひとづくり委員会委員長 江田任君

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【新型コロナウイルスによる例会・事業、諸会議の自粛解除のお知らせ】

 4月16日から発令された緊急事態宣言も、北海道においては5月25日をもって解除されました。5月29日に北海道から示された「新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針」では、6月以降の外出の自粛等に関する段階的緩和のステップや内容が明記されています。

 その中で、6月1日~6月18日までのステップ1では、外出の自粛等に関して慎重に対応することとされていますが、その後のステップ2、ステップ3では感染拡大の防止に関して、新しい生活様式の実践等から、段階的に自粛を緩和するスキームとなっています。

 網走JCとしては、6月末までを自粛期間としておりましたが、三役会で協議した結果、北海道の方針も考慮しつつ、6月12日までを自粛期間とし、6月13日から、例会・事業、諸会議(委員会、理事会、三役会、総会等)の自粛を解除することとしました。

 引き続き、(1)換気が悪い密閉空間、(2)人が密集している、(3)近距離での会話や発声の「3つの条件が同時に重なる場所や場面」を避け、手洗いやマスクの着用等感染拡大防止策を遵守したうえで、活動を実施していただきますようよろしくお願いします。

 なお、北海道の方針や感染状況に合わせて、対応が変化することもあり得ますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

※所属企業・団体によっては、不要不急の外出を自粛されているところもあるかと思いますので、その場合は無理をせず各自の所属企業の規定を順守してください。

■感染拡大防止策

  • 人が集まる場合の前後において、参加時に体温測定や症状の有無を確認し、具合の悪い方の参加を認めない。(諸会議では、WEB での参加とする等)
  • 会場に入る際の手洗い、会議などの途中においても適宜手洗いを実施する。
  • 席の配置を遠ざけるなど、人を密集させない環境を作る。
  • 声を出す機会が多い場合は、マスクを着用する。
  • 換気の悪い密閉空間にならないよう、定期的に換気をする。
  • 懇親会については、感染拡大防止策を講じた上で実施する。

以上

【新型コロナウイルスについて】

 2月24日、厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、これから1~2週間が急激な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となり、感染拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことを目標にすると見解が発表されました。

 それを受け、2月25日(火)政府は「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を決定しました。それによりますと、

・ 閉鎖空間において近距離で多くの人と会話するなど、一定の環境下であれば、せきやくしゃみがなくても感染を拡大させるリスクがある。
・ イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討してほしい。(イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではない)

との方針が発表されました。イベントの開催について、一律の自粛要請を行うものではないとされておりますが、国内、また網走市内においては、スポーツや各種イベントが中止や延期となっています。

 冒頭、2月25日で政府の方針を受けて会員には周知をしたところですが、2月26日(水)北海道教育委員会が道内の小中学校を臨時休校にするよう市町村の教育委員会に要請し、網走市においてもすべての小中学校で、2月27日~3月4日まで休校することが決定されたことを受けて、コロナウイルスの収束に向けて瀬戸際とされる重要な時期であることから上記を鑑み、また市民の皆様、会員の所属企業、ご家族の不安を考慮し、網走青年会議所として一段階対策を強化しました。

 一般社団法人網走青年会議所は、以下の対策を講じます。

・ 3月2日(月) 拡大委員会による3月第1例会 → 延期 
・ 3月12日(木) ひとづくり委員会によるスピーチ力向上セミナー → 延期
・ 網走青年会議所として、2月25日から1~2週間のイベント、委員会、三役会などの諸会議は禁止し、web会議等で対応する。
・ 上記の延期となった例会や事業については、再度理事会で日程を再審議したうえ、改めて決定します。また、3月中旬以降の例会、事業、諸会議については、コロナウイルスの状況に合わせて判断します。

 今後とも、我々が「まちのど真ん中」で運動を行うために、ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 網走青年会議所 2020年度理事長 新谷 正樹

【定時総会】

1月15日(水)、網走セントラルホテルで定時総会を開きました。
2019年度決算、2020年度事業計画が承認されました。
また、新入会員2名の新入会員紹介及び入会証授与が行われました。
新谷正樹理事長の掲げる「ど真ん中」のスローガンのもと、会員一丸となりまちのど真ん中に網走JCありの姿を目指して取り組んで参りますので、よろしくお願い致します!

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【2020年度新年交礼会】

【2020年度新年交礼会】

一般社団法人網走青年会議所は1月5日(日)、網走セントラルホテルにて2020年度新年交礼会を開催いたしました。2020年度一般社団法人網走青年会議所、新入会員9名を含む新体制をお披露目させていただきました。
「ひとに感動をまちをスマートに、感動溢れるスマートシティ網走の創造」を基本理念に、「ど真ん中」をスローガンとし、まちの「ど真ん中」に網走JCあり、という気概と覚悟をもって運動を進めてまいります。皆様のご期待にお応えできるよう、努力を重ねていく所存でございますので、何とぞ一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
そして、ご臨席賜りました、皆様誠にありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。