網走市の子育て支援に関する調査

2020年2月の例会において、㈱AsMama 代表取締役CEO 甲田恵子様に、「子育てシェア」のサービスについて、ご講演をいただきました。

ASMamaについてはこちらをご覧ください。

AsMama HP  http://asmama.jp/

日経BP掲載記事 「「子育てシェア」で地域の共助を促進、自治体との連携も」

https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434148/021100037/

今日は、私たちが考える網走の課題を考えてみたいと思います。

網走市の子育て支援について、色々とヒアリングや調査をしました。地域特性として、北海道開発局網走開発建設部、オホーツク綜合振興局等役所や出先機関があり、転勤される方の割合が高くなっています。

そんな中で、子育ての支援はどうなっているのだろうか?との問いからはじまりました。

網走市では、網走市から社会福祉協議会への委託事業として、網走市子育てサポートセンターがあります。以下要点をまとめると、

  • H17年くらいから実施、オホーツク管内では早い方

  • 網走市は、官公庁、学校、病院等があり、転勤族が多いので、そういった環境も考慮しスタート

  • サービスは、会員同士の相互支援

  • 協力会員約100人、講習を1日受けて実習もある。50歳~70歳が多い、報酬は会員同士が受け渡しをする。

  • 依頼会員約200人、6か月~小学校6年生まで。事前に申し込みし、講習を受ける。依頼会員のニーズに合わせて、3人ほどの協力会員が紹介され、何かあった場合は当事者同士が連絡を取り合う。

  • 課題は、協力会員の高齢化により、会員が集まらない。担い手不足。

利用実態として、

  • 保育園に行きだした頃、奥さんが働きに出ているなどで、突発的な事態に対しての選択肢として、安心感を得たい。

  • 市外からの転勤族の方が利用するケースが多い。身寄りがいないため。

  • 2019年では、12月39件、多いとき50件、平均するとひと月あたり、50件くらいの利用。

  • 送迎が多い、学校→児童館や保育園・幼稚園→職場までなど。

  • 塾や学校への送迎もある。「言葉の教室」が中央小にしかなく、その他の学校からも中央小まで通うなどでの利用も。

  • 突発的な事態、子供が熱出したときの迎えにいけない時に、利用するケースも多い。

  • 子供は、あくまで大人→大人に渡す。 ×家に置いてくる

  • 利用数は減少傾向にある。→保育環境の充実による(イセの里の病児・病後児保育、幼保一体化による幼稚園の延長保育機能など)

  • 保険も適用される。

  • 紋別市では利用数が少ないため、サポートセンターを廃止した。

その他の子育て支援機関としては、

  • 子育て支援センターとして、どんぐり、ひまわり→親子の交流、相談

  • 保健センターでは、包括支援センター ユカリエ→相談窓口

  • 子育てサークル→ハピ育

 

網走市には、以上のような子育て支援の施設やサークルがあります。

2月末からは、コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令で、事態はさらに困難になりました。

そんな中で期待されているのが、AsMamaの子育てシェアサービスであると考えています。

こちらは、コロナ禍の仲でのAsMamaのサービスについての北海道新聞の記事です。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/429561

高齢化による子育てに関する人材不足が課題のなかで、子育てシェアという新たな手法を用いれば、新たなコミュニティが形成され、支えあい、助け合う地域ができる。10月まちづくり委員会の例会にご参加いただいた、さいたま市の美園地区も、AsMamaと連携し、子育て支援策を講じているとお話がありました。

自治体との連携も各地で進めており、人口減少による担い手不足という課題解決に向けて、こうした取り組みは非常に有益であると考えています。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします

網走ローカルインフォメーション 新聞記事として掲載されました。

網走市も本格的な秋を迎え肌寒くなってまいりました。

さて、LINEのオープンチャット機能を利用した、「網走ローカルインフォメーション」事業ですが、本日の網走タイムズ1面にて、先日の例会で発表した検証内容が記事としてとりあげられました。ご覧ください。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

スマートシティ網走へ(9月第1例会)

10月7日(水)竹屋真征委員長をはじめとする まちづくり委員会担当の9月第1例会を開催しました。

竹屋委員長は、大悲山弘道寺の副住職、ということでお寺での例会となりました。

人口減少や少子高齢化により生産性の向上や働き手の確保が課題となっている網走市ですが、ICTの利活用から、これらの地域課題を解決するスマートシティ網走の実現に向けた例会です。

8月28日~9月26日まで、約1月実証実験を行ったLINEオープンチャットを利用した飲食店応援事業の検証が行われ、

・オープンチャットへの市民の参加人数 776人
・来店組数の合計 87組
・参加飲食店舗数 20店舗

参加した飲食店から、無料で広報や今日のおすすめ、来店された方へのサービスをオープンチャットへ投稿していただき、飲食店を応援し、地域の経済を少しでも活性化しようとする試みです。

飲食店側からすると、無料で広報ができる点がメリットですし、それにより少しでも来客につながれば飲食店を応援することができます。またお客様は、LINEオープンチャットを見たと言っていただければ、1品サービスや1ドリンクサービスなど、言ってみればホットペッパーのクーポンのようなものにもなります。さらには、22時からタイムセール、今日は今満席です、などのリアルタイム情報を店舗からお客様にも伝えることができます。

様々な課題はありましたが、コロナの中で面白い仕組みを作れたのではないかと思っています。

さて、例会では、一般社団法人美園タウンマネジメント事務局の黒沢さんを講師として、さいたま市美園地区のスマートシティに関する一連の取り組みを学びました。

・テクノロジーから考えるのではなく、まずはしっかりと地域の課題を考える。
・小さなところからはじること。
・美園地区では、情報を集約するプラットフォームがあり、地域の様々なデータを集積している。
・子育てシェアは、2月の例会でお呼びした、㈱AsMamaと連携
・自転車のシェアリングも行っている。

今後、これらの実験結果をもとに、政策提言書を作成する予定となっております。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【網走ローカルインフォメーション】

網走で飲食店のリアルタイム情報(空席・タイムサービスなど)の一覧をLINEで随時確認できる実証実験を8月28日から始めます!

多数ある飲食店リアルタイム情報(空席情報・コロナ対策席状況・来店サービス)を1つのオープンチャットへ集約させ、オンラインからの情報収集によって実店舗へ来店していただくサービスで、皆様の生活を便利にするための実証実験です。

是非皆さん、下記の参加フォームから参加してくださーい!!

網走ローカルインフォメーション 参加フォーム

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【新型コロナウイルスによる例会・事業、諸会議の自粛解除のお知らせ】

 4月16日から発令された緊急事態宣言も、北海道においては5月25日をもって解除されました。5月29日に北海道から示された「新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針」では、6月以降の外出の自粛等に関する段階的緩和のステップや内容が明記されています。

 その中で、6月1日~6月18日までのステップ1では、外出の自粛等に関して慎重に対応することとされていますが、その後のステップ2、ステップ3では感染拡大の防止に関して、新しい生活様式の実践等から、段階的に自粛を緩和するスキームとなっています。

 網走JCとしては、6月末までを自粛期間としておりましたが、三役会で協議した結果、北海道の方針も考慮しつつ、6月12日までを自粛期間とし、6月13日から、例会・事業、諸会議(委員会、理事会、三役会、総会等)の自粛を解除することとしました。

 引き続き、(1)換気が悪い密閉空間、(2)人が密集している、(3)近距離での会話や発声の「3つの条件が同時に重なる場所や場面」を避け、手洗いやマスクの着用等感染拡大防止策を遵守したうえで、活動を実施していただきますようよろしくお願いします。

 なお、北海道の方針や感染状況に合わせて、対応が変化することもあり得ますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

※所属企業・団体によっては、不要不急の外出を自粛されているところもあるかと思いますので、その場合は無理をせず各自の所属企業の規定を順守してください。

■感染拡大防止策

  • 人が集まる場合の前後において、参加時に体温測定や症状の有無を確認し、具合の悪い方の参加を認めない。(諸会議では、WEB での参加とする等)
  • 会場に入る際の手洗い、会議などの途中においても適宜手洗いを実施する。
  • 席の配置を遠ざけるなど、人を密集させない環境を作る。
  • 声を出す機会が多い場合は、マスクを着用する。
  • 換気の悪い密閉空間にならないよう、定期的に換気をする。
  • 懇親会については、感染拡大防止策を講じた上で実施する。

以上

【新型コロナウイルスについて】

 2月24日、厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、これから1~2週間が急激な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となり、感染拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことを目標にすると見解が発表されました。

 それを受け、2月25日(火)政府は「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を決定しました。それによりますと、

・ 閉鎖空間において近距離で多くの人と会話するなど、一定の環境下であれば、せきやくしゃみがなくても感染を拡大させるリスクがある。
・ イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討してほしい。(イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではない)

との方針が発表されました。イベントの開催について、一律の自粛要請を行うものではないとされておりますが、国内、また網走市内においては、スポーツや各種イベントが中止や延期となっています。

 冒頭、2月25日で政府の方針を受けて会員には周知をしたところですが、2月26日(水)北海道教育委員会が道内の小中学校を臨時休校にするよう市町村の教育委員会に要請し、網走市においてもすべての小中学校で、2月27日~3月4日まで休校することが決定されたことを受けて、コロナウイルスの収束に向けて瀬戸際とされる重要な時期であることから上記を鑑み、また市民の皆様、会員の所属企業、ご家族の不安を考慮し、網走青年会議所として一段階対策を強化しました。

 一般社団法人網走青年会議所は、以下の対策を講じます。

・ 3月2日(月) 拡大委員会による3月第1例会 → 延期 
・ 3月12日(木) ひとづくり委員会によるスピーチ力向上セミナー → 延期
・ 網走青年会議所として、2月25日から1~2週間のイベント、委員会、三役会などの諸会議は禁止し、web会議等で対応する。
・ 上記の延期となった例会や事業については、再度理事会で日程を再審議したうえ、改めて決定します。また、3月中旬以降の例会、事業、諸会議については、コロナウイルスの状況に合わせて判断します。

 今後とも、我々が「まちのど真ん中」で運動を行うために、ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 網走青年会議所 2020年度理事長 新谷 正樹

2月第1例会【スマートシティ網走へ〜シェア生活で新たなコミュニティーを〜】

 2月18日FMあばしりさんにて「スマートシティ網走へ〜シェア生活で新たなコミュニティーを〜」が開催されました!
会員以外の皆さまにもご参加頂きました。
 AsMama代表甲田恵子さんから色々お話を伺いまして、大変有意義な時間を皆さんとおしゃれ空間で共有することができました!
 本当にありがとうございました!

 感覚を言葉にするのは難しいですが、非常にアットホーム感があって、オレンジ色に包まれた空間って感じでしたね!
 遠方から講演会に参加していただいた方、お子様もいらっしゃったり、感謝です!
 今回の講演を踏まえて、これからまちづくりの為に行う事業をより良いものに創り上げていきたいと思います!

 網走のまち全体が濃いオレンジ色になったらいいなぁ〜〜〜〜
 なんか四角より丸みたいな、長さより幅みたいなそんな感じになったらいいなぁ〜〜〜〜
 なんか深い事言ってる雰囲気出てくれてればいいなぁ〜〜〜〜
 多分出てないよなぁ〜〜〜〜。なんだかなぁ〜〜〜〜
 どのような形になるか、見守っていただければ嬉しいです。
 乞うご期待!!!

予告【2月第1例会 スマートシティ網走へ!~シェア生活で新たなコミュニティーを~講演会】

 一般社団法人網走青年会議所は2月第1例会として2020年2月18日(火曜日)に 株式会社AsMama代表取締役社長、シェアリングエコノミー協会理事の 甲田恵子氏をお招きし「スマートシティ網走へ!~シェア生活で新たなコミュニティーを~」講演会を開催いたします。

 効率的に遊休資産をマッチングする事で、大きな経済効果を生み出す可能性を秘めるシェアリングエコノミー。
 シェアリングエコノミーを使った子育て支援サービス『AsMama』の創業者である甲田恵子氏が、子育ての苦労や課題に『ネットでつながる顔見知り同士の助け合い』から新たな課題解決策の可能性を提案します。

 会場はFMあばしり(網走市潮見1丁目356番地2)、入場料は無料です!(ワンドリンクご注文をお願いします。)
2020年2月18日(火曜日) 開場18:45、講演19:00~20:20
 お子様連れの参加も大歓迎です!是非お越しください!

参加希望者はQRコード(下記アドレス)よりお申し込みください。
また事前アンケートへの記入ご協力お願い致します。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdfJqvzTOvCXmFNGTtZK8QHORP3HDujvHucBhoEwRg6ZCMUkw/viewform

※ お席に限りがございますので、定員になり次第締め切らせていただきます。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。