組織力を強化するために、必要なこととは?(3月第1例会)

9月11日(金)19時から、3月第1例会「心に火を灯せ!」を、田中委員長率いる拡大委員会が担当し、網走セントラルホテルにて開催しました。

当初は、3月2日に開催予定でしたので3月第1例会となっていますが、コロナの影響で延期となり、7月に開催を予定するも、再度の延期となり、3月の例会をやっと9月に開催することができました。

本年は会員数21名でスタートし、そこから13名の新入会員を迎えました。半数以上が新入会員となり、青年会議所としての組織力の低下が懸念されることから、本例会では組織力を強化するために、会員に青年会議所の魅力や価値を伝え、帰属意識を向上させることを目的に開催しました。

2011年第60代理事長を務められた杉本匡規先輩から、ご講演をいただきました。

青年会議所も、会社も、野球やサッカーのチームもすべて組織であり、組織力を高めることが、成果を出すうえで重要なポイントです。

・組織への帰属意識の高低=組織力

・個人では、JCの中で自分がなくてはならない存在として認識できているか?
→一人一人が、確固たる自尊心を確立すること

・組織では、JCが世の中からなくてはならない存在だと認識されているか?
→組織の歴史を学び、誇りを持つこと

杉本先輩が理事長をされていたとき、所信に引用されたいた、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」の詩の紹介を交え、みんな違っていてもいい、それぞれに重要なことは、自尊心を持ち、歴史を学び誇りを持つことから、帰属意識は高まっていくというお話でした。

自尊心が弱まれば、
・活動・運動が低迷し、発信力が弱まる。
・アクティブメンバーが減少
・まち・ひとへの影響力低下
・会員の減少
・理事長や委員長等を担う人材難
・ひとに合わせた組織になる
・理事会等の組織が有する機能を発揮できない
・組織が崩壊し、解散

となり、まずは自尊心・自己肯定感を高めることが重要であり、併せて組織の歴史を学び、誇りをもつことが、帰属意識をもつうえでのポイントであり、今後の組織を運営するにあたり、明確な羅針盤を得られた例会となりました。

これは、青年会議所だけでなく、家族であればその家のルーツを知ることから、なぜ私は存在するのか?を考えられるでしょうし、会社であれば創業の歴史を知らなければ、なぜわが社が存在しているのかを理解することはできません。

組織として成果を出すためには、組織力を高めることが重要であり、それにはまず歴史を学び、自尊心を持つことから始まります。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【北方領土返還要求運動看板メンテナンス】

9月9日(水)11時より、網走市字藻琴にある北方領土返還要求運動看板メンテナンスを実施しました。

気象庁発表の気温が31.4℃を記録するとても暑い中、総務広報委員会の皆で平日にも関わらず多数の人員で実施しました。

我々の想いが、届きますように。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

8月第1例会 【~新時代の広報力で網走の未来を切り拓く!~】

8月26日(水)、北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート様にて、8月第1例会を開催いたしました。担当は、覚張委員長率いる総務広報委員会です。

鶴雅リゾートSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)発信担当として御活躍されています、デジタル集客支援ラボの下澤美香氏を講師に迎え、Web上の交流ツールとしてのSNSを集客に生かす方法について講演をいただきました。

代表的なSNSの傾向と活用に適した場面、リスクを避けながら効果を上げるためのポイントなど、実例を交えた講演内容を受け、参加者一人一人が組織・職場・地域の発信者としての実践に向けて学ぶことができました。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【網走ローカルインフォメーション】

網走で飲食店のリアルタイム情報(空席・タイムサービスなど)の一覧をLINEで随時確認できる実証実験を8月28日から始めます!

多数ある飲食店リアルタイム情報(空席情報・コロナ対策席状況・来店サービス)を1つのオープンチャットへ集約させ、オンラインからの情報収集によって実店舗へ来店していただくサービスで、皆様の生活を便利にするための実証実験です。

是非皆さん、下記の参加フォームから参加してくださーい!!

網走ローカルインフォメーション 参加フォーム

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

第9回網走サマーイルミネーション

網走には、JC、YEG、郵便局、日専連、等の青年団体が集まり、毎年サマーイルミネーションを開催してきました。

今年は第9回目を迎えるイルミネーションでしたが、新型コロナウィルスの影響で、ギリギリまで開催の是非を議論してきました。

こんな時だからこそ、市民の皆さまに希望を感じてもらいたい!ということから、例年よりは遅れての開催になりましたが、8月22日より点灯をしています。

コロナ対策として規模も縮小しましたが、約1週間の準備を経て、いよいよ点灯となりました。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

SnowPeak十勝ポロシリキャンプフィールド

道東エリアは、網走、釧路、帯広、斜里、根室、中標津、遠軽、北見の8つの青年会議所で構成されています。

8つの青年会議所の会員同士の交流や親睦を深めるため、また新入会員の育成や交流のために、年に4回道東エリアの事業が開催されています。

今回は、十勝ポロシリキャンプフィールドにて、キャンプを通じでの研修。

テンションがあがります。

Snowpeak取締役の後藤先輩のご講演。
野遊び→NOASOBIなど、世界に通じる言葉を作っていくとのこと。言葉をとても大事にされているというお話がありました。
いきあたりばったり→「いきばり」、などとにかくポジティブに考えることを基本とし、若者らしくどんどんチャレンジすることの重要性を実感しました。

2017年に作成された道東道の看板も無事にお焚き上げされました。

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【臨時総会 次年度理事長予定者承認】

 

7月15日(水)網走セントラルホテルにて臨時総会が行われました。
本総会において、2021年度第70代理事長予定者として、『柏崎 尚史』君が満場一致で承認されました。

網走を元気にする、常に新しいことに挑戦し続けている柏崎理事長予定者。来年の網走JCにもご期待ください!


2020年度事業で高い位置まで登り続け、高い位置で2021年度が始められるように、5ヵ月間ど真ん中で走り抜けます!

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

7月第1例会【~情報ライブ マコト屋~】 

7月8日 網走の北海ホテルにて「情報ライブ マコト屋」が開催されました。

新型コロナウィルスの影響により、2月末~6月中旬まで、対面式での例会や事業がストップしていました。

まずは、会員やご家族の安全を第一に考え、また所属企業に不安を感じさせないように、自粛期間を設け対策を講じてきました。

今回の例会も、感染拡大防止策をとったうえで、久しぶりに対面式での例会となりました。

今年入会した新入会員が中心となり、例会を設えました。まずは、2020年度の方向性や事業について改めて確認をし、その後新入会員が疑問に思っていることを、三役に質問するという内容でした。

以下は、担当した江田委員長からです。

アカデミーの皆さまに支えられながら、例会を設えメンバーや三役の皆さまから色々お話を伺えて、大変有意義な時間を共有することができました!本当にありがとうございました。ひとに興味をもってもらえるトークは非常に難しくて、とても勉強になりました。

アカデミーのみなさんには、少しでもJCとしての実感が沸いてくれればいいなと思っています。自粛解除から一発目の例会、会員間の団結力が強まったところで、ここから青年会議所運動を再スタートしていきますので、乞うご期待!!!

網走青年会議所新入会員のバッチ授与も行われました。ひとづくり委員会委員長 江田任君

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【ど真ん中ちゃんねる】牛渡水産様


ど真ん中ちゃんねる、今回は牛渡水産の牛渡貴士様がゲスト!熱い話をしていただきました!要チェックですよ~!
網走を良くしようと精力的に活動されている牛渡さん、網走JCは大好きです!

牛渡水産HP http://office-in-ushi.com/

そして次回は、網走弁当やゑへへさんなど、網走を発信し続ける、北見食品工業の山口慎太郎さんの予定です!

2020年の網走青年会議所は、新谷理事長を先頭に、スマートシティ網走の端緒を開くため、ど真ん中の気概で活動・運動を展開しております。今後とも、網走JCブログをよろしくお願いします。

【新型コロナウイルスによる例会・事業、諸会議の自粛解除のお知らせ】

 4月16日から発令された緊急事態宣言も、北海道においては5月25日をもって解除されました。5月29日に北海道から示された「新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針」では、6月以降の外出の自粛等に関する段階的緩和のステップや内容が明記されています。

 その中で、6月1日~6月18日までのステップ1では、外出の自粛等に関して慎重に対応することとされていますが、その後のステップ2、ステップ3では感染拡大の防止に関して、新しい生活様式の実践等から、段階的に自粛を緩和するスキームとなっています。

 網走JCとしては、6月末までを自粛期間としておりましたが、三役会で協議した結果、北海道の方針も考慮しつつ、6月12日までを自粛期間とし、6月13日から、例会・事業、諸会議(委員会、理事会、三役会、総会等)の自粛を解除することとしました。

 引き続き、(1)換気が悪い密閉空間、(2)人が密集している、(3)近距離での会話や発声の「3つの条件が同時に重なる場所や場面」を避け、手洗いやマスクの着用等感染拡大防止策を遵守したうえで、活動を実施していただきますようよろしくお願いします。

 なお、北海道の方針や感染状況に合わせて、対応が変化することもあり得ますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

※所属企業・団体によっては、不要不急の外出を自粛されているところもあるかと思いますので、その場合は無理をせず各自の所属企業の規定を順守してください。

■感染拡大防止策

  • 人が集まる場合の前後において、参加時に体温測定や症状の有無を確認し、具合の悪い方の参加を認めない。(諸会議では、WEB での参加とする等)
  • 会場に入る際の手洗い、会議などの途中においても適宜手洗いを実施する。
  • 席の配置を遠ざけるなど、人を密集させない環境を作る。
  • 声を出す機会が多い場合は、マスクを着用する。
  • 換気の悪い密閉空間にならないよう、定期的に換気をする。
  • 懇親会については、感染拡大防止策を講じた上で実施する。

以上