本年度の目指す運動−人財育成室−
 HOME
 青年会議所とは
 本年度の目指す運動
 事業紹介
 メンバー企業紹介
 入会案内
 会員専用

人財育成室室方針 担当副理事長 山口俊哉
 人口減少、少子高齢化など問題の顕在化に伴い、まちの担い手である青年の減少、さらに共同体の衰退が危惧されるが、我々が地域を牽引するリーダーたる人財となることでそれらの懸念を克服することができます。我々は、地域課題に真摯に向き合い、解決策の導出、実践だけでなく、柔軟な思考や創造力、さらには規律や礼節を重んじ、自らの思いを周りに伝播させることのできる情熱や国家観を持ったリーダーを育成する必要があります。
 まずは、持続的な人間力開発の基礎を築くために、会員が青年会議所の意識喚起や意識昇華につながる全ての例会・事業に能動的に参加する意識の向上を図り、地域のリーダーとしての覚悟と自覚を促すとともに組織における規律や礼節を重んじる心を育みます。そして、地域に必要とされるリーダーを育成するために、多様な学びの機会を創出し、会員の柔軟な思考や創造力、自らの思いを周りに伝播できる情熱を養います。さらに、新入会員を地域の牽引者とするために、地域課題解決に向けた企画・立案・実践、会員や関係機関、市民との関わりを通じて、青年会議所の意義や運動展開を具体的に学ぶことで、積極的に行動する人財へと成長させます。また、新入会員を社会変革のリーダーとするために、会員の言行一致の背中を模範とし自己研鑽を積み重ね、切磋琢磨する機会を通じ、青年会議所の魅力と可能性を言葉と行動で伝えられる人財へと成長させます。そして、会員を青年会議所の運動を重ねられる人財とするために、北方領土を主眼とした領土領海問題に帰属意識を以って関与し、歴史認識を再確認することで心根に確固たる国家観を養います。
 運動を継続し得る確固たる国家観と網走に住み暮らす者としての誇りを全ての会員が共有し、地域を牽引するリーダーに必要な柔軟な思考、創造力、規律や礼節、情熱を兼ね備えた人財へと変貌を遂げた、誰もが希望を育めるまち、網走を創造する原動力となります。

リーダー育成委員会委員長 山崎直樹
 人口減少、少子高齢化など地域問題の顕在化とともに、まちの担い手である青年の減少、さらに共同体の衰退が危ぶまれますが、我々が地域のリーダーへと成長できれば抱えている問題を克服することができます。網走青年会議所が蓄積してきた人間力開発のノウハウを活かし、政策立案実践集団たる我々の運動への共感を言葉と行動で広げることができる国家観や柔軟な思考、創造力、情熱をも兼ね備えたリーダーを育成する必要があります。
 まずは、リーダーとしての自覚と覚悟、組織としての規律や礼節を重んじる心を身につけるために、市民との関わりや共感を得る事業を実施することで、会員に責任感と使命感を芽生えさせます。そして、運動を推し広げる伝播力の向上を図るために、会員に自らを表現する場を提供し、事前準備を含め伝える技術を向上させます。さらに、地域を牽引するリーダーとなるために、地域と組織を学ぶ機会を提供し、これから必要な事業を考察することで、柔軟な思考や創造力を養います。また、新入会員をまちの牽引役とするために、地域の課題解決に向け、新入会員自らが企画実施する事業を行い、青年会議所の理念や運動を学ぶことで、能動的な人財へと成長させます。そして、新入会員が次代を担うJAYCEEとなるために、LOM内出向や各種勉強会を行い、組織に対する誇りや必要な知識を備えることで、組織の一員としての自覚を促します。さらに、青年会議所運動を持続できる人財となるために、北方領土を主眼とした領土領海問題に当事者意識を持ち運動に関与し、日ロ政府間外交、歴史認識も含めて理解することで、確固たる国家観を養います。
 青年会議所運動で得た確固たる国家観と網走で生きる者としての誇りを有した我々は、柔軟な思考や創造力、規律、礼節、情熱をも兼ね備え、地域の未来を実践で切り開き、市民を巻込むリーダーとして誰もが希望を育めるまち、網走を創出する原動力となります。

〔事業計画〕
1.人間力開発に関する事業の実施
2.新入会員の研修、教育に関する事業の実施
3.北方領土問題を主とした領土領海問題に関する事業の実施

〔担当例会〕
 7月第1例会
11月第1例会






















一般社団法人網走青年会議所   〒093-0007 北海道網走市南7条東3丁目1番地
TEL:0152-44-6751 FAX:0152-45-1542 E-mail:info@abashiri-jc.com
copyright(c)2017 Junior Chamber International Abashiri.All Rights Reserved.