本年度の目指す運動−組織の力向上室−
 HOME
 青年会議所とは
 本年度の目指す運動
 事業紹介
 メンバー企業紹介
 入会案内
 会員専用

組織の力向上室室方針 担当専務理事 近藤憲治
 網走青年会議所は1952年の創立以来、いつの時代も網走を取り巻く課題に真摯に向き合い、強固な組織体制を基礎としたひとづくりとまちづくりを通じて地域の歴史を紡いできました。今、網走市では他の地方都市と同様に人口減少が急速に進み、地域経済の低迷や税収減などへの影響が顕在化しつつありますが、それらの課題を解決へと導く青年の運動をより広く深く展開し得る、規律と責任感を備えた組織を具現化する必要があります。
 まずは、言行一致の網走青年会議所を形作るために、規律と礼節、信頼に基づいたきめ細やかな運営を行い、盤石な組織の根幹たる会員の責任感を高めます。そして、組織の力を最大化するために、諸会議の準備設営撤収を迅速丁寧に行い、会員の円滑な意思疎通を促すことで、実効性ある運動構築に向けた環境を整えます。さらに、運動をより強固なものにするために、2017年度の取組みの記録保存、管理と会員間の情報共有を行い、組織の継続性と運動の一貫性を確保します。また、課題が多様化する時代に有用な組織として存在し続けるために、地域に必要とされる網走青年会議所の在りようや規則、情報共有ツールを検証し、改善すべき点を明確化します。そして、我々の運動を市民意識変革の糸口とするために、関係機関との連携や多様な媒体手法を活用した広報を推進し、政策立案実践集団たる網走青年会議所の認知度とブランドの向上を図ります。さらに、会員が互いに育て合い積極的に運動を展開できる組織を築くために、多様な形態の親睦交流と相互理解を促し、地域課題の解決に向けたムーブメントの根幹となる会員の強固な絆を育みます。
 規律と礼節を備えた運営を基盤に、責任感あふれる会員が集い、未来志向の議論と実践を積み重ねる網走青年会議所は日常の運動推進で地域の諸課題を克服していく組織として、確かな持続可能性を備え、誰もが希望を育めるまち、網走を創造する原動力となります。

LOMサポート委員会委員長 新井田篤志
 網走青年会議所は堅固な組織体制と実直な運営で65年の永きにわたり、ひとづくりとまちづくりを通じて地域に確かな実績を残してきました。今後も人口減少に端を発する様々な課題に対して解決の道筋をつけ、網走の持続可能性を最大限に高める青年の運動を牽引できる盤石な組織が不可欠であり、規律と礼節、信頼に裏打ちされた、安定的かつ継続的な運営体制を備え、責任感あふれる会員が集う網走青年会議所を形作る必要があります。
 まずは、言行一致の組織体制を築くために、規律と礼節、信頼に基づいた運営の基盤を整え、日常の情報伝達と意思疎通を確実に行うことで、会員の責任感を高めます。そして、組織力を十分に活かした運動を展開するために、会議資料や議事録の作成、会議の準備、設営、撤収を円滑に行い、効果的な運動構築につながり得る環境を提供します。さらに、運動を強固なものにするために、運動全般の記録保存や管理、JC手帳の発行を行い、組織の継続性と運動の一貫性を保ちます。また、課題が多様化する時代に柔軟に対応できる組織として存続し続けるために、会議運営や規則、情報ツールなどを検証し、改善すべき要素を明らかにします。そして、運動を市民意識変革のきっかけとするために、報道機関や行政機関、大学、他の青年組織と連携し、ホームページやSNSを通じて運動を広く発信することで、網走青年会議所の認知度とブランド力の向上を図ります。さらに、会員が刺激し合い意欲的に運動を展開できる組織を築くために、苦楽を共有する親睦交流を実施し、相互理解を促すことで、組織の根幹たる会員同士の信頼関係を強固なものにします。
 規律と礼節を備えた組織運営を基盤に、責任感に満ちた会員が集い、年輪のごとく幾重にも重なり合う絆を育む網走青年会議所は、地域を取り巻く課題の解決に率先して取り組む政策立案実践集団として、誰もが希望を育めるまち、網走を創造する原動力となります。

〔事業計画〕
1.組織運営、2017年度の記録管理、会員間の情報共有に係る事業の実施
2.組織形態や諸規則、情報ツールの検証事業の実施
3.広報事業の実施
4.会員間の親睦交流事業の実施

〔担当例会〕
6月第1例会
9月第2例会






















一般社団法人網走青年会議所   〒093-0007 北海道網走市南7条東3丁目1番地
TEL:0152-44-6751 FAX:0152-45-1542 E-mail:info@abashiri-jc.com
copyright(c)2017 Junior Chamber International Abashiri.All Rights Reserved.