組織改革室 室方針

組織改革室 室方針
担当副理事長 田宮佑介

 1952年に創立したJCI網走は絶えず地域にインパクトを与え続けてきた歴史と伝統ある組織ですが、会員数の減少・出席率の低下・早期退会者増加に加え、本年度6名のメンバーが卒業することによる組織の影響力低下、さらに組織の存続が危ぶまれています。この先もJCI網走が、まちの中心組織として変化する時代も存在し続けるには、全会員が共に一丸となった組織改革と会員拡大から活力溢れる組織を創造する必要があります。
 まずは、組織改革の確かな方向性を定めるために、常に課題となっている出席率の低下や途中退会の原因を様々な角度から調査・研究し、課題の本質を明確にすることで、全会員が積極的に
運動に参画する改善策を見出します。そして、私たちの運動をより影響力をもったものとするために、会員同士の絆を強め、一人ひとりが組織に欠かせない人財であるという意識をもつことで、JCI網走に対するつながりを強固にします。さらに、時代の変化に即した組織としてあり続けるために、歴史と伝統を踏まえた規則の再検・新たな運動の展開・各委員会同士の連携強化を実現することで、地域の先駆けとなる組織へと改革する意識を高めます。また、組織の存続に必要不可欠な会員拡大を実現するために、会員一人ひとりが持っている情報をくまなく調査・集約・共有し、全会員が会員拡大に参画することで、自ら行動する意識を高めます。そして、共にこのまちを担っていく意識をもった同志を増やすために、地域を担う青年経済人にJCI網走の魅力を伝え、異業種の青年が集い情報交換する場を創出することで、地域への影響力をもった組織へと改革します。
 誰一人取り残さない持続可能な組織への改革と、一人ひとりが組織を誇りに思い実施する会員拡大が組織力の強化につながり、JCI網走へ正のスパイラルをおこしながらまちへ大きなインパクトを与え、新たな価値と人のつながりから、夢溢れる網走を創造します。

<事業計画>
1.組織改革に関する調査・研究
2.組織改革に関する事業の実施
3.組織拡大に関する調査・研究
4.組織拡大に関する事業の実施
<担当例会>
1.3月第2例会
2.9月第1例会