組織改革会議 事業計画

組織改革会議 事業計画
議長 鴻巣雄介

 JCI網走は1952年の創立以来、永きに亘り地域課題の解決に向けて取り組む先駆的な団体として歴史を紡いできました。しかし、青年世代の担い手が不足する地域社会においては、組織の礎となる会員が減少し、網走と共に歩み成長を続けてきたJCI網走は危急存亡の秋を迎えています。これからも地域を牽引し続ける組織として同じ志のもとに結束し、未来へ向けられた組織改革と拡大から活力溢れる組織を創造する必要があります。
 まずは、全会員の能力を発揮できる持続可能な組織へと改革を進めるために、出席率の低下や早期退会者が増加する現状を分析し、多様な背景をもつ会員と組織の課題について調査・研究することで、参加意欲をかきたてる組織の在り方を明確にします。そして、地方創生のキーファクターとしてより大きな運動を展開するために、会員同士の絆がもたらす内発的動機付けの形成からJCI網走の人財として誇りを抱くことで、果敢に挑戦する気概を醸成します。さらに、変化に適応する柔軟な組織として地域を牽引するために、プロセスを重んじる組織風土の継承と各委員会の連携から相互の信頼を築き、個々の能力を高め合うことで、組織力を向上させます。また、会員拡大をより効果的に推進するために、会員各々が持つ拡大情報を集積し、データ化した情報を組織内で共有することで、会員一人ひとりが主体的に拡大へ取り組む意識を感化します。そして、次代につなぐ運動を継続していくために、全会員による声掛けから地域の青年経済人が集う場を設け、同じ志のもとに協働する新たな仲間と結束し、共感を得ることで、地域への影響力を向上させます。
 多様な人財が活躍する持続可能な組織変革が新たな人財との協働をもたらし、全会員がJAYCEEとしての誇りをもとに一丸となり、同じ志をもつ能動的な個の集団として地域の未来へ希望を芽吹かせ、新たな価値と人のつながりから、夢溢れる網走を創造します。

<事業計画>
1.組織改革に関する調査・研究
2.組織改革に関する事業の実施
3.会員拡大に関する調査・研究
4.会員拡大に関する事業の実施
<担当例会>
1.3月第2例会
2.9月第1例会