地域開発室 室方針

地域開発室 室方針
担当副理事長 小林太郎

高齢化や人口減少などの地域の課題が推計を上回り進行しているだけでなく、市民のライフスタイルや価値観が大きく変わり、社会に求められるニーズは多様化、高度化しています。現在、網走市でも新しい技術による変化が急速に進み、生活や働き方といった様々な分野に変化をもたらせようとしています。誰もが住まう地域に誇りと夢を抱ける未来へと向かうには、市民と新たな価値の創造による持続可能な地域を実現する必要があります。
まずは、刻々と変容する時代の中で2022年のJCI網走の運動を確かなものにするために、地域の課題についての事実をもとに現状分析を行うことで、複雑な社会の変化を踏まえたまちの課題を明確にします。そして、進むべき未来と取り組むべき問題を明らかにするために、会員が様々な視点から地域課題について考え、到達すべき状態を認識することで、大きな運動に向かっていく当事者意識をより高めます。さらに、急速に変化する社会のニーズに対応し整備していくために、市民が地域課題解決から生まれる網走の理想的な産業のあり方を探ることで、まちづくりを共に行う当事者意識を醸成します。また、地域課題の本質を解決するために、JCI網走が中心となって多くの協働を起こし、共感から連携をする場を設けることで、人々が地域に誇りを抱き未来に挑戦していく新たな価値を見出します。そして、変わりゆく時代の中で果敢に挑戦する世代を育成するために、青少年が次世代のテクノロジーと社会変化について見識を広め、自ら考え行動し新たな発見につながっていく体験を創出し、夢を具現化し未来を切り拓き行動する力を醸成します。
明らかになった地域課題の本質から、市民や企業や団体と共に一体となる協働から大きな運動が巻き起こり、夢を具現化し変わりゆく未来に待ち受ける問題に対して果敢に挑戦した青少年が原動力となり、新たな価値と人のつながりから、夢溢れる網走を創造します。

<事業計画>
1.新たな価値の創造から地域課題解決に向けた調査・研究
2.新たな価値の創造から地域課題解決に向けた事業の実施
3.夢を抱ける青少年を育む事業の実施
<担当例会>
1.5月第1例会
2.8月第1例会