総務広報委員会 事業計画

総務広報委員会 事業計画
委員長 守屋嘉男

 JCI網走は創立以来、地域や社会を巻き込み課題と真摯に向き合い運動を展開し、市民との想いを共有する際に広報は重要な役割を担ってきました。アフターコロナで市民の経済活動が今後活発になることを見据えての広報活動やブランディング確立のための行動はJCI網走の興隆と発展に寄与します。新たな価値の創造による持続可能な地域を実現するには情報の発信による地域との共生により育まれる一体感を確立する必要があります。
 まずは、会員が的確な運動を展開するために、諸会議での活発な議論を行う環境を設営し、判断に必要な記録情報を正確に整え、スムーズな会議の環境と時間を参加者に提供することで、健全な議論の場を設えます。そして、組織の基盤となる会員間の相互理解を高めるために、会員が常時携帯できる明瞭で適宜使用できるツールを作成することで、会員間の情報共有を円滑にします。さらに、会員の運動と活動が効率的且つより大きな成果を生み出すために、運動を画像・映像として記録し、管理が行き届き
 常に最適化された状態を維持し、情報の共有が円滑に確保できる環境を整えることで、機動力のある統率された組織を保持します。また、会員の運動を多くの市民に理解していただくために、実施した運動や活動の報告と事業の告知を誰もが納得できるようにわかりやすく広報することで、JCI網走に対する市民の理解と信頼を構築します。そして、明るい未来に向けた運動を展開し続ける会員の働きからJCI網走の価値を向上させるために、英知を結集した広報戦略を立て実行し、市民に共感を得ることで、JCI網走ブランドを最大限まで高めます。
管理する情報の最適化に加えて適切で的を射た市民への広報活動、更には確固たるJCI網走ブランディング確立に向けた努力を情熱的且つ組織的に滞りなく行い続ける活動と運動により市民と寄り添い、新たな価値と人のつながりから、夢溢れる網走を創造します。

<事業計画>
1.諸会議の運営
2.会員間の情報共有ツールの作成・管理
3.画像・映像などの記録・管理
4.JCI網走のブランディング確立に向けた広報の実施
<担当例会>
1.7月第1例会